介護保険の被保険者とは

介護保険の2種類の被保険者

介護保険の被保険者は、第1号被保険者と第2号被保険者があります。

65歳以上は全て第1号被保険者に、40~64歳で医療保険加入者とその被扶養者は第2号被保険者となります。

どちらも今住んでいる市町村の被保険者となります。

第1号被保険者と第2号被保険者の特徴

  第1号被保険者 第2号被保険者
対象者 65歳以上の人

40~64歳の医療保険加入者と

その被扶養者

介護保健サービスを

利用できる人

要介護・要支援認定を

受けた人

特定疾病によって要介護・

要支援状態となった人

保険料を

徴収する機関

市町村

 

医療保険者

 

保険料の

納付方法

年金額が

一定以上:特別徴収

一定以下:普通徴収

介護保険を上乗せした状態の

医療保険に納付

保険料の

金額の定め方

所得段階で分けられた定額保険料

【各医療保険】

標準報酬×介護保険料

【国民健康保険】

所得割・均等割等の人数費による按分

※特定疾病

末期癌、関節リウマチ、起因委縮性側索硬化症、後縦靱帯骨化症、骨折を伴う骨粗鬆症、初老期における認知症、進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病など

介護保険適用外

第1号被保険者も第2号被保険者も何もしなくとも法律上当然に住所地の保険者に加入します。

しかし、中には介護保険の適用外の人もいます。

障害者総合支援法に規定されている指定渉外支援施設に入所している身体障害者いわゆる「適用除外施設」に入所している人です。

これらの人は、介護保険からのサービスを受けなくとも各施設で生活支援等のサービスを提供されているので、介護保険の適用は除外されています。

介護保険適用除外施設例

  • 重度の知的障害および重度の肢体不自由が重複している児童を入所させる重症心身障害児施設
  • 独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園法の規定により設置される施設
  • 国立および国立以外のハンセン病療養所
  • 身体上または精神上著しい障害があるために日常生活を営むことが困難な要保護者を入所させる救護施設
  • 生活保護法に定める救護施設
  • 児童福祉法の医療型障害児入所施設
  • 労災保険法上の労働者災害特別介護施設 など

上記適用除外施設を退院、退所した後は、介護保険の被保険者として扱われます。

ご案内

兵庫県で介護事業開設をご計画の事業者様、個人の方へ

介護施設、介護サービスの事業を興したい、大変興味を持っているという方の多くが最初に頭を悩ませるのが「誰に」「何を」「どんな手順で」相談すればいいのか、準備すればいいのかということだろうと思います。

介護施設、介護サービス、介護事業の立ち上げや運営についての相談に応じてくれる公的な機関は存在しないでしょう。

山本武俊行政書士事務所は、そのような方たちのお手伝いをしていきます。

当事務所では、兵庫県の南西部を主な受託可能エリアとしています。姫路市・高砂市・加古川市・加西市・加東市・西脇市・小野市・たつの市・相生市・赤穂市・宍粟市・太子町・福崎町・市川町・神河町・上郡町・多可町 等から業務受託をしております。

介護事業申請・資金調達から運営までサポートします

兵庫県で介護事業の立ち上げ、介護保険事業指定をお考えの方は、ご遠慮なさらずに山本武俊行政書士事務所までお問い合わせください。

お電話 079-232-8049(受付:月~金 午前9時~午後7時)
またはこちらのお問い合わせページからお願いいたします。⇒お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ